四国遍路で参拝を行なう際に気をつけたい事![The Best Trip]
HOME>info>四国遍路で参拝を行なう際に気をつけたい事!

四国遍路の魅力

近年、修行以外にも、健康促進の為やパワースポット巡りといった様々な目的でお遍路が注目されています。有名なのは、四国遍路ですよね。四国遍路は八十八箇所を巡る事になりますが、実際すべてを徒歩で回るとなると、50日ほどかかると言われています。中には、四国遍路をツアーで回る事も可能ですので、気になる方は調べてみるのも良いでしょう。では、なぜ四国遍路には数々の魅力があるのでしょうか。

四国遍路の魅力ランキング

no.1

心が癒やされる

まず、1位に挙がったのが心が癒やされるといった意見。四国遍路は、自然の中をゆっくりと歩く事になるため、山だけではなく、海、星空などの自然をたくさん楽しむ事が出来ます。遍路道からみる眺望が素晴らしく、どの景色も綺麗だったとの意見が多かったです。

no.2

ゆっくりと寺院の雰囲気を味わえる

寺院の雰囲気をゆっくりと味わう事が出来るといった意見が2位になりました。普通の観光では寺院への観光時間も短いものになってしまいますが、歩き遍路は境内に滞在し、ゆっくりと雰囲気を楽しむ事ができます。

no.3

四国の文化に触れる事が出来る

3位は、四国の文化に触れる事が出来るといった意見でした。四国遍路は、四国の様々な場所を巡る事ができる上、各地それぞれの名物などを楽しむ事ができます。そういった観光に近い要素も楽しかったという事で、この意見があがりました。

女性

それぞれで参拝をする

いろんなイベントなどが開催されていますが、中には街中にあるいろいろなチェックポイントを通過して目的地に到達するイベントがあります。ただ通過したり、それぞれのポイントでスタンプを押してもらったりするだけで、どんどん次のポイントに移っていきます。それもいろんな思い出が作れて楽しいでしょう。では、最近する人の多い四国遍路はどうでしょうか。いろんな場所を巡るのは似ていますが、それぞれの地で御朱印を貰うのがお遍路です。目的は様々でしょうが、せっかくであればいろいろなご利益がある巡礼をする方がいいでしょう。そのためには各札所で参拝をします。ただ拝むだけでなく、線香を奉納したり納礼を納めたりします。般若心境などの読経を行った上で3種類の朱印を印してもらいます。

参拝道中の作法を守る

現代においては修行をする人はあまりいないかもしれません。仏の道を志す人は何らかの修行を行い、その時には日常の生活とは少し離れた生活になります。四国遍路は旅行の意味合いが強くなっているものの、あくまでも修業の場であることを意識して巡礼するようにしましょう。その時に守ると良いとされるのが十善戒です。ごくごく当たり前のことですが、つい日常生活でしてしまうことがあるかもしれません。それを唱えながら意識して巡ると良いでしょう。悪口を言わないなどがあります。これを守ればよい修業ができるでしょう。

広告募集中